電気化学検出器 (ECD) – ALEXYS [Antec Scientific]


Antec ScientificはECシステム (ECD、LC-ECD) の専門会社です。

ALEXYS LC-ECD systems


LC-ECD (電気化学検出HPLC) は他のHPLCに比べ、検出器依存性の高い分析法です。

Antecの ALEXYS はアンぺロメトリック検出器のDECADE IIを中心にしたHPLCシステムで、DECADE IIの長所を生かす最善のシステム構成となっています。

検出器 DECADE II の長所は何か?


  1. 初期化が早い
  2. ベースライン安定性が良い
  3. S/N比が非常に良い
  4. セル寿命が長い (5年間保証)
  5. 電極の選択交換が容易で電極材質の選択性が高い
  6. 並列で4セルまでのデータ取り込みができる
  7. カラムオーブンの温度安定性に優れる

現在お使いのLC-ECDのパーフォーマンスをより向上させたいとお望みのお客様は、目的別に、以下のALEXYSシステムのいずれかをご選択いただくか、もしくは、DECADE IIのみをシステムに組み込ませることにより、ご希望を達成できます。

アプリケーションノート、論文はAntecのホームページからご覧いただけます => Antec (click)

Neuroscience

  1. Microdialysates & Brain tissue
  2. Monoamines Analyzer: 1インジェクションン―2クロマトグラム、少量サンプル <5ul

    GABA and Glutamate Analyzer: 自動プレカラムデリバチゼ-ション、1インジェクションン―2クロマトグラム <5ul

    Acetylcholine Analyzer: 酵素コーテイング電極、卓越した再現性と感度、少量サンプル <5ul

  3. in vivo analyses
  4. OMD High Throughput Analyzer: 3匹のラットの同時分析

    OMD Time resolution Analyzer: 1匹のラットのサンプリング頻度を高めた分析

    OMD Monoamines Analyzer: すべてのモノアミンと代謝物の分析

OMD: オートサンプラーから吸い上げられたサンプルは多ポートバルブに取り付けられた2-3個のサンプルループに一旦、貯められ、2-3系列のカラムに順次、インジェクションされ同時分析が行われます。

Pharmaceutical & Biotech分野

Aminoglycosides Analyzer: EP/USP methods、バルクと動物用カクテル

Azithromycine Analyzer: USP method、CLARI-、ROXI-、ERYTHROMYCINE 適用可

Clinical & Diagnostics分野

Catecholamines Analyzer: 腫瘍、循環器病マーカー

Iodide Analyzer: 尿中のヨード、甲状腺機能不全、卓越した感度とピーク形状、ダイアモンドセル

Food & Beverage分野

Carbohydrate Analyzer: キョウ雑物、環境汚染物の検出、複雑な炭水化物混合物の記録と鎖長分布の評価

Environmental分野

Phenol Analyzer: 水、土壌サンプル、デイーゼルエンジン排気ケトン類