電気化学検出器 (ECD) – ROXY [Antec Scientific]


Antec のROXY Redox (酸化・還元) 装置は画期的なMS分析を提供します。

ROXY potentiostat ROXY EC / MS system

セル内で電気化学的に酸化・還元を起こしオンラインでMSに導入、ダイナミックな酸化・還元反応の測定が可能となりました。薬物代謝、環境内の残存化学物質の分解の難易をシミュレーションできる他、蛋白質のクリべージ、同S-S結合の還元で従来法と異なる構造解析の情報を提供してくれます。

脂質の酸化、糖の酸化、DNA損傷など、さまざまの物質の酸化・還元を液相下でMSで測定できます。

ROXY の特長は何か?

  1. 基本構成:Potentiostat として単一シリンジポンプから送られるサンプルをRedoxしMSへ導入
  2. デュアルシリンジポンプを使い付加化合物形成、例えば、薬物‐蛋白質結合研究などにも利用
  3. 反応セルをROXY本体から外に設置でき、例えばHPLCシステムの中でオートサンプラーのバルブに取り付けも可能
  4. それによりオートサンプラーのUDP機能を使いさまざまな溶液を選択しながら反応を追跡できる
  5. オンラインHPLC/MSシステムのなかでの精密な分析も可能
  6. Phase I、Phase II 代謝の測定が自動的に可能の構成も用意されている
  7. 数多くのMSソフトウエアの環境下で相性よく働くソフトウエア、CLARITY、DIALOGUEを用意
  8. CLARITY : HPLCシステムコントローラー機能を有す

    DIALOGUE : ROXY & Syringe pumpの制御のほか、MSのデータ取り込み開始信号を出す




Application Noteをご覧ください。
論文: mimic薬物代謝 in vivo, in vitro との比較
論文: 化学物質の土壌中での分解シュミレーション
Increasing Sequence Coverage in Top-Down Proteomics