電気化学検出器 DECADE | ECD

理化学機器トップページ 関連製品・サービス お問い合わせ・ご注文

目次

Eliteの特長 A D F Lite ソフトウェア SenCell

DECADE Detectors – From

DECADE Elite – 電気化学検出器

I’m Sensitive – I’m Impressive – I’m Elite


DECADE Elite

電気化学検出器 DECADE ELITE の特長

ADF (Digital Filter)によるノイズレベルの最小化、セル、カラムのための安定した温度制御を実現した恒温空間を確保して装置の高感度検出のための基礎条件を整えました。

SenCellはアンペロメトリック測定の常識を覆すノンスペーサーセル、扱いが非常に簡単、なおかつ、高感度測定のためのAST (Adjustable Spacer Technology)で最小スペース設定を工学的に実現、セルをひねって定位置セッティングすれば 個人誤差なしに最高感度のスペースを設定できます。

ELITE + SenCellのコンビネーションがお客様が期待する業界最高位の高感度ECD測定を可能にしました。

SenCellの高感度をCoulochem II and III (ESA)でもご使用いただけます。

糖分析(詳しくはこちら)で最もDECADE ELITEの優秀性が発揮されます。

  • Most sensitive electrochemical detector
  • UHPLC & HPLC compatible
  • Temperature stabilized cell/column compartment
  • ADF (advance digital filter) to improve S/N ratio
  • Wide selection of flow cells

超高速液体クロマトグラフィー (UHPLC)は、多くの応用分野で大きな関心を集めています。高い分離効率を有する小粒子 (2μm未満)の固定相は、優れた分離を維持しながら短いカラムおよび迅速な分析時間で済むことを可能にします。このDECADE Eliteは、検出感度、取得頻度、分離温度などの高速分析の要求を満たすべく開発されました。

DECADE Eliteは、Antecのワークステーションコンセプトにより、カラムとフローセル (分離と検出)を非常に正確で安定した温度に保ちます。安定した作業条件は、微量分析の前提条件であり、安定性無くして感度は得られません。さらに、DECADE Eliteは、電気化学データ用に特別に開発されたノイズ除去アルゴリズムであるADF (高度デジタルフィルタ)を備えています。検出感度は、200倍までの条件に応じてさらに向上します。検出感度は、特に神経伝達物質分析で顕著です。新しいSenCellのボトムライン検出限界と合わせて、30ピコモル/Lまで2μLのサンプルで得られました。Antecは、特定のアプリケーションのためのさまざまな機能を備えた電流滴定フローセルを多数提供しています。フローセルは、最大5年間保証されます (グラッシーカーボンタイプ)。

DECADE Eliteは、ハイスループット用途または電気化学的前還元 (例えば、vit-K、Q10など)のために最大4つのセルを制御することができます。検出器には、従来の3ステップパルスと、より高度な4ステップまたは5ステップパルスを使用して、炭水化物分析のためのパルスモードがあります。また、目的の物質の電気化学的挙動を特徴付けるために、分析方法の最適化のためのスキャンモードが利用可能です。


DECADE ELITEのADFとは (Advance filter function)


DECADE Lite


DECADE LiteはDECADE Eliteと同じ性能を備えています。これは、ファラデー・ケージを備えたインテグレイテッド・オーブンを持ち、優れたADFが装備されており、1つのフローセルの制御が可能です。DECADE LiteはDCモードのみで、無料のPC制御ソフトウェアで動作します。DECADE Liteは、すべてのAntecフローセルと互換性があります。電動式インジェクタまたは手動インジェクタ (標準またはマイクロ)はオプションです。


DECADEのSoftware

The DECADE Elite (and Lite) is controlled by Clarity (rev 6) and the new Dialogue Elite.


SenCellについて

◆セルの概要

High Sensitivity Flow Cell for UHPLC/ECD
Adjustable Spacer Technology (AST)

  • No spacers or gaskets
  • Fast stabilization
  • Adapter-kit for Coulochem II & III

SenCell™は、高感度のために特別に設計された新世代の電気化学フローセルです。道具要らずの組み立てと連続的に調整可能なワークボリュームにより、使いやすさと安定性が保証されます。このセルのボリュームは小さく、おおよそ0〜300nLの間で調整することができます。さらに、数バールの圧力に耐え、電気化学検出 (ECD)を伴う (U)HPLCでの使用に理想的です。

◆セルの特長

Highest sensitivity

最も高い検出感度を実現するために、セルの設計は閉じ込められたwall-jet原理に基づいております。作用電極 (WE)、基準電極 (REF)、補助電極 (AUX)からなる3電極構成が使用されます。AUXは、電圧クランプを介して基準電極と正確に同じ電位に保たれ、電極で生じる可能性のある分極効果をカバーします。さらに、電極材料の品質と仕上げには細心の注意を払い、迅速な安定性を備えた最高の感度を実現し、(U)HPLC、マイクロ、キャピラリーLC / ECDにおける超微量分析に理想的です。

Adjustable Spacer Technology – AST[1]

この新しい設計はAdjustable Spacer Technology (AST)を使用していますが、ポリマーガスケット (スペーサー)の使用は廃止されました。 ASTは、入口に対する作用電極のためのビルドインマイクロポジショナーです。電極の位置を調整するには、調整キー (付属)を使用して単純にセル内のマイクロポジショナー機構を回します。電極間隔 (「スペーサー」)を最小限に抑えることにより、より多くの信号が「搾り出され」ます。 これにより、多くのアプリケーションで検出感度が向上します。
[1] US Patent nr. 9,310,330

Adjustment from position 2 to 1: turn counter clockwise with the provided adjustment key.
Sencell: adujustable spacer technology特殊レンチでポジション1、2
Adjustment of the SenCell from position 3 to 0.5 results in a 2,5 fold increase in signal.
Sencell: 電極間距離による感度の比較
電極間距離をミニマム設定

Reference electrodes

SenCellには、アプリケーションに合わせて簡単に交換できる3種類の色分けされた参照電極が用意されています。

  • HyREF (Pd/H2) – black
  • ISAAC (In-Situ Ag/AgCl) – green
  • Salt Bridge (Ag/AgCl) – blue

単糖類測定用セルは金のワーキング電極です。

Ease of use

工具不要の簡単ロックスクリューアセンブリにより、素早い組立が可能です。さらに、ASTは最高感度 (S / N)と高速安定化を保証します。

Adapter-kit for use with Coulochem II and III

AntecのSenCellを使用して、既存のCoulochem検出器 (ESA)の感度を高めます。簡単な取り付けのために、ファラデーケージと適切なセルケーブルからなるアダプターキットをご利用いただけます。詳しくは、お問い合わせください。

Faraday cage (open & close) for optimal shielding of SenCell used with Coulochem (ESA/Dionex) detector.


DECADEのさまざまな用途



DECADEのお問い合わせ・ご注文