DNA鑑定のサンプル採取方法と封筒


_
バイオロジカはDNA型検査サービスにおいて日本で最も長い経歴を持つ会社の一つで、国際的に認可された検査機関であるEurofins Forensik社 (ドイツ)による安心のサービスをお届けします。

>DNA型検査サービス トップページへ戻る
>関連ページも見る
>お問い合わせ・お申し込みへ進む

目次

口腔内粘膜の採取方法と封印について

綿棒でお口の中の粘膜を取る作業についてご説明します。
痛くもかゆくもありませんのでご安心を。


採取方法

採取の様子

写真のように綿棒を2本同時に持ち、口腔内のほっぺたの部分へこすり付けます。数往復こすり付ければ十分です。ぐりぐりと痛いほどやる必要はありません!


サンプルの封印

弊社からお送りする綿棒

採取後の綿棒は直ちに封筒へ入れ、封をしてください。採取の前後における綿棒の取り扱いには気を付けてください。当然ですが、指で綿の部分を触れないことが肝心です。


ご自分で綿棒等をご用意される場合

以下の写真はご自分で綿棒と封筒をご準備される場合のものです。

市販の綿棒は通常両側に綿が付いておりますので、恐らく取り出す際に片側を手で触れてしまうと思います。そちら側を切り落として使用してください。両側に綿が付いたままですと、どちらで採取したのかが分かりませんので必ず切り落としてください。採取後、直ちに封筒に入れ封をしてください。誰のサンプルかわかるようにあらかじめ封筒には名前 (アルファベット)と立場 (Child、Mother等)を書き込んで置いてください。

写真内の「A. Father」はAlleged Father (擬父)です。



遺伝子検査との違い | 検査結果例と読み方 | 兄弟鑑定 | よくあるご質問 | ケーススタディ | DNAにまつわる弊社の貢献 | 食品のDNA検査 | ペットのDNA鑑定


Supplied by Eurofins Forensik