オリゴヌクレオチド合成受託サービス (DNA・RNA)

弊社が販売する試薬は全て研究用です。ページ内に記載されている料金等の金額は全て参考につき、詳細はお気軽にお問い合わせください。

新型コロナウイルス関連プライマー製品はこちら

バイオロジカはBio-Synthesis社等によるカスタムオリゴ合成サービスをお届けします。

目次

オリゴDNA合成・RNA合成 関連商品


オリゴヌクレオチドは、ホスホラミダイト固相合成として知られている手順により、ご希望の配列を修飾の有無を含めた化学構造として合成されます。オリゴは、多くの場合、高速液体クロマトグラフィー (HPLC)やPAGEによって精製されます。固相合成によって得られた合成DNA・RNAオリゴヌクレオチドは、PCR、リアルタイムPCR、シーケンシング、部位特異的変異誘発、一塩基多型 (SNP)アッセイ、マイクロアレイなど、さまざまな分子生物学アプリケーションで使用されます。
長鎖オリゴキメラ、アンチセンスはもとより、qPCRプローブラベル化RNAプローブ、そして修飾等、高品質で廉価な合成品をお届けいたします。社名の通り、バイオ分野の合成のプロとして、困難な合成や最先端合成にチャレンジし続けています。

カスタムDNAオリゴヌクレオチド合成

スピーディーな国内合成から、難易度の高い合成は米国、数量が多い場合は安価に中国で、などご選択いただけます。

カスタムRNAオリゴヌクレオチド合成

長年の実績を有する米国Bio-Synthesis社のサービスを主にご提供いたします。In Vitro転写を含め、長鎖RNAオリゴの合成も可能です。

RNA Therapeutics

長鎖RNA転写合成: In Vitro Transcription (IVT)

  • mRNA合成
  • Up to Multi Kilobases
  • Modification Available
  • 5′ Capping, 3′ Poly(A) Tailing

qPCR & PCR

DNA Xtremer・人工遺伝子合成

オリゴのバイオコンジュゲーション

Conjugating oligos with peptides, antibodies, proteins, dyes and small molecules.


キメラオリゴなど



オリゴ合成オーダーフォーム

各ページの問い合わせフォームから、またはbiologicrr.iij4u.or.jpへメールで、お気軽にお問い合わせください。


よくある質問とその答え

  1. オリゴ合成の規模と最終保証歩留まりの違いとは?
    A. まず、オリゴの注文方法としては2通りが考えられます。

    1. オリゴの合成開始規模でご注文いただく方法
    2. 最終保証歩留まり (お客様への出荷量)でのご注文

    オリゴ合成開始規模とは、オリゴを製造するために使用する各カラムのオリゴ合成開始量であり、最終保証歩留まりとは、当社が出荷するオリゴの実際の量をナノモル (nm)やOD (光学密度)でオリゴマーの実際の物理重量を表したものです。

Supplied by Bio-Synthesis or Shanghai Generay Biotech or Sangon Biotech