PNA合成受託サービス | ペプチド核酸

受託合成サービストップページ 関連製品・サービス お問い合わせ

目次

概要・特長 PNA vs DNA 参考料金 Gamma PNA Panagene

カスタムPNA合成 (peptide nucleic acid) by Panagene Inc.

バイオロジカがお届けするPNAはPanagene社の純正合成品でございます。


PNAとは

人工的に作製されたDNA類似体であるPNA (Peptide Nucleic Acid)は核酸の糖-リン酸骨格をN-(2-アミノエチル)グリシンを単位とする骨格に置き換え、メチレンカルボニル結合で塩基を結合させた化合物です。

PNAの特長

  • 相補的な塩基配列のDNA、RNAに対して非常に強く結合する。
  • pH、塩濃度に影響されない。
  • プロテアーゼ、ヌクレアーゼに耐性であり、細胞内で分解されない特長を有する。
  • 化学的・生物学的・温度安定性

PNA vs DNA

項目 PNA DNA
Binding Affinity At Least 1°C Higher Tm per Base
Hybridization rate 100-5000 Times Faster
Salt concentration in hybridization Independent Dependent
ΔTm for single nucleotide mismatch <10°C <15°C
ChemicalStability Stable Unstable in Acidic or Basic condition
BiologicalStability Enzyme-Resistant Degradable by Nuclease
Solubility Moderate (but can be improved by simple modification) Good
General Probe Length 13-18mer 25-30mer

お問い合わせ・見積もりのご依頼はこちら!!


PNAオリゴ合成 参考料金

1. 非標識 (50nmole・>90%)・2.&3. 量違い・4. 純度違い | 5. 標識化(25nmole・>90%)6.&7. 量違い・8. 純度違い | 注意点

何はともあれお気軽に見積もりをご用命ください。

1. 非標識PNA (50 nmole), HPLC精製 (> 90%)

非標識PNA合成料金 = naked PNA料金( + リンカー付加料金 + アミノ酸付加料金)
リンカーとアミノ酸はご希望の場合です。

  • Price for naked PNA
    塩基数 料金 (円) 塩基数 料金 (円) 塩基数 料金 (円)
    6 33,500 12 48,500 18 64,800
    7 35,700 13 51,000 19 70,800
    8 37,800 14 54,500 20 74,500
    9 39,500 15 57,300 21 79,500
    10 41,500 16 59,900 22 83,500
    11 44,600 17 62,600 23 86,500
    23塩基以上も合成可能ですのでお問い合わせください。

    *非天然型塩基: 18,000 (2,6-Diaminopurine, Pseudoisocytosine, 2-Thiouracil, 5-Bromouracil, and Inosine)

  • リンカー付加料金
    リンカー & スペーサーについて (効果等)

    Linker Price (円) Linker Price (円) Linker Price (円)
    O 3,800 C3NH2 4,100 C12NH2 4,100
    E 3,800 C4NH2 4,100 C6SH 5,400
    X 3,800 C6NH2 4,100 C11SH 5,400
  • アミノ酸付加料金
    1,950 / L-アミノ酸 (D-アミノ酸についてはお問い合わせください)

2. 非標識PNAの最小注文量: 20 nmole, HPLC精製 (>90%)

非標識PNA合成 (20 nmole)料金 = 0.7 x 非標識PNA合成 (50 nmol)料金
最低料金: 33,000

3. 非標識PNA (100 nmole), HPLC精製 (> 90%)

非標識PNA合成 (100nmole)料金 = 1.6 x 非標識PNA合成 (50 nmol)料金

4. 非標識PNA, HPLC精製 (> 95%)

非標識PNA合成 (>95%)料金 = 1.2 x 非標識PNA合成 (>90%)料金

5. 1か所標識PNA (25 nmole), HPLC精製 (> 90%)

標識PNA料金 = naked PNA料金 + リンカー付加料金 + アミノ酸付加料金 + 標識料金

  • 標識料金
    Name Price (円) Name Price (円) Name Price (円)
    FAM 27,200 Texas Red 27,200 Alexa488 58,000
    FITC 27,200 Thiazol Ora 27,200 ATTO425 27,200
    Cy3 27,200 Biotin 18,500 ATTO550 45,000
    Cy5 27,200 SMCC 22,500 ATTO610 35,000
    TAMRA 27,200 Digoxigenin 26,500 ATTO647 59,000

    その他ラベルにつきましてはお気軽にお問い合わせください。

6. 標識PNAの最小注文量: 10 nmole, HPLC精製 (>90%)

標識PNA合成 (10 nmole)料金 = 0.7 x 標識PNA合成 (25 nmol)料金
最低料金: 34,000

7. 1か所標識PNA (50nmole), HPLC精製 (> 90%)

1か所標識PNA合成 (50nmole)料金 = 1.6 x 1か所標識PNA合成 (25nmole)料金

8. 1か所標識PNA, HPLC精製 (> 95%)

1か所標識PNA合成 (>95%)料金 = 1.2 x 1か所標識PNA合成 (>90%)料金


ご注意

  • 合成難度の高い配列の場合、加算されることがあります。
  • 10万円以上ご注文のアカデミア研究員の方には5%値引き (直接納入の場合)
  • 3万円未満のご注文の場合、輸入諸経費として4千円が加算されます。
  • 為替変動が激しい折、ご案内の料金は参考です。
  • 配列設計について:
    • プリン塩基含有限度は60% 4個以上のGの連続、あるいは6個以上のプリン塩基の連続は避ける。
    • 自己相補的な配列 (パリンドローム、ヘアーピン、逆方向反復配列など)は避ける。

Gamma PNA

概要 | 詳細 | 修飾

付加料金については配列とともに、お気軽にお問い合わせください。

概要

Gamma (γ)-PNA is a backbone-modified PNA that possesses a stereogenic center through modifications introduced at gamma (γ)-carbon of the backbone. Due to the stereogenic center, the gamma-PNA oligo itself forms an alpha-helical structure, thereby reducing the self-aggregation, improving the solubility and forming a more stable duplex with the target DNA. These features provide higher binding affinity to the target. In addition, various modifications such as internal multi-labeling are possible at any gamma (γ)-position. With these advantages, gamma (γ)-PNA can be an attractive material for diagnostics and drug development.


詳細

  • Various modifications available
  • Flexibility for internal labeling and multi-labeling
  • Improved solubility and cell permeability
  • Decrease of self-aggregation through pre-organized alpha-helical structure
  • Superior binding affinity compared with to conventional PNA

修飾

  • Various modifications by adding another moiety at Lys-gamma modified residue
  • Mini-PEG
  • Sidechain of Lysine, Glutamic acid, and/or Alanine (as called Lys-gamma, Glu-gamma and Ala-gamma, respectively)
Criteria Gamma(γ)-PNA Conventional PNA
Backbone modification Possible Impossible
Labeling flexibility on backbone O X
Water solubility Better than conventional PNA
Binding affinity to DNA 3~5℃ Higher Tm per modified base
ΔTm for single mismatch At least 18℃ 15℃
Chemical stability More Stable than conventional PNA Stable
Thermal stability Good Good

PANAGENE社のPNA

2001年創立で韓国は大田広域市にあるPANAGENE Inc.は、Btsモノマーを用いた独自のBts PNAモノマー (Bts;ベンゾチアゾール-2-スルホニル基)およびPNAオリゴ合成法を開発し、高品質のPNAオリゴを供給しています。Bts PNAモノマーのBts基は、モノマーのアミン基 (NH 2)を保護するだけでなく、自己活性化されます。従って、Btsモノマーを用いたオリゴ合成は、活性化前段階または多くのカップリング試薬を必要としません。従来の合成法 (Fmoc PNAモノマーを使用)とは異なり、脱保護プロセス中に生じるトランスアシル化などの副反応が最小限に抑えられ、高純度PNAオリゴの大量生産を低コストで達成することができます。さらに、カップリング反応後に残る過剰のBtsモノマーを回収し再利用することができるので、より経済的です。



お問い合わせ・ご注文

当ウェブサイトは常時SSL化(HTTPS化)されております。お問い合わせ内容は暗号化され、より安全にご利用いただけます。
下記フォームからご送信されるか、あるいは biologic [at] rr.iij4u.or.jp へメールでお送り頂いても結構です。

PNA製品 - PNA products
見積もりご注文



電話番号 - Phone number

本数 - Number

種類 - Type
カスタムPNAカタログ品

HPLC純度 - Purity
>90%>95%カタログ品


*お願い:1営業日以内に返信メールが届かない場合は、大変お手数ですがbiologic [at] rr.iij4u.or.jpへ直接メールをお送りください。