アンチセンスオリゴ合成サービス

オリゴヌクレオチド合成トップページ 関連製品・サービス お問い合わせ・ご注文

目次

概 要 特 長 料 金

Antisense Oligos by Bio-Synthesis (Texas)

アンチセンスオリゴヌクレオチドとは

アンチセンスオリゴヌクレオチドは、オリゴヌクレオチドの天然ヌクレオチドモノマーのいくつかまたはすべてが化学的に修飾された(DNA中の)デオキシヌクレオチド、または(RNA中の)リボヌクレオチドである合成ポリマーです。アンチセンス技術では、一本鎖DNAまたはRNA分子を用いて特異的センスmRNAを標的とします。通常、アンチセンスオリゴヌクレオチドは15〜22個のモノマーを含み、しばしば「オリゴ」と呼ばれます。


アンチセンスオリゴ合成サービスの特長


アンチセンスオリゴ合成の参考料金

料金は為替の影響等で変動しますのでお気軽に見積もりをご用命ください。

Base(円) 100 nmol 250 nmol 1 umol 5 umol 10 umol
Chimeric DNA base (1塩基) 150 180 360 1,800 3,200
Phosphorothioate Bond (1か所) 900 900 3,600 5,400 5,400
2′-OMe (1塩基) 1,500 2,400 3,600 15,000 29,000
5-Methyl dC 9,000 11,000 16,000 16,000 65,000
RNase HPLC 24,000 24,000 32,000 44,000 44,000
Na+ salt exchange 10,000 10,000 10,000 27,000 27,000
PNA
(ペプチド核酸)
こちらのPNA合成のページをご覧ください。

A minimum will applied for oligo <10 bases. Yields and base price may vary depending on type of antisense synthesis.



お問い合わせ・ご注文

当ウェブサイトは常時SSL化(HTTPS化)されております。お問い合わせ内容は暗号化され、より安全にご利用いただけます。
下記フォームからご送信されるか、あるいは biologic [at] rr.iij4u.or.jp へメールでお送り頂いても結構です。

  • 塩基の表記例
    ・DNA bases: A, G, C, T
    ・RNA bases: rA, rG, rC, rU
    ・2'-O-methyl RNA bases: mA, mG, mC, mU
    ・2' Fluoro RNA bases: fA, fG, fC, fU
    ・Phosphorothioate bond: *
  • 配列の表記例
    ・DNA, PS = 5′ T*C*A*T*G*C*G*A*T*A*T*G*T*C*C*A*T*C*G*A 3′
    ・DNA/RNA mix, PS/PO chimera = 5′ T*G*G*TGCrGArArATGTCCAT*C*G*T 3′
    ・2′OMe/DNA chimera, PS = 5′ mU*mC*mC*mU*mG*C*G*A*A*A*T*G*T*C*C*mA*mU*mC*mG*mU 3′


オリゴ合成
見積もりご注文



電話番号 Phone number

本数 Number

種類 Type
DNARNAその他

製品名 Code name
P.S.Ultra SUltra 1Ultra 2G.R.その他

精製度 Purification
ゲルろ過(脱塩)カートリッジ (OPC)HPLCPAGEその他


*お願い:1営業日以内に返信メールが届かない場合は、大変お手数ですがbiologic [at] rr.iij4u.or.jpへ直接メールをお送りください。