アンチセンスオリゴ合成サービス

弊社が販売する試薬は全て研究用です。ページ内に記載されている料金等の金額は全て参考につき、詳細はお気軽にお問い合わせください。
>各種受託合成トップページへ戻る
>関連製品・サービスへ進む

>お問い合わせ・ご注文へ進む
>注目最新情報: 抗原、レセプターの特異的蛍光標識試薬

This service / product is supplied by.

目次

アンチセンスオリゴヌクレオチドとは

アンチセンスオリゴヌクレオチドは、オリゴヌクレオチドの天然ヌクレオチドモノマーのいくつかまたはすべてが化学的に修飾された(DNA中の)デオキシヌクレオチド、または(RNA中の)リボヌクレオチドである合成ポリマーです。アンチセンス技術では、一本鎖DNAまたはRNA分子を用いて特異的センスmRNAを標的とします。通常、アンチセンスオリゴヌクレオチドは15〜22個のモノマーを含み、しばしば「オリゴ」と呼ばれます。


アンチセンスオリゴ合成サービスの特長

  • セットアップチャージなし
  • 脱保護、脱塩、凍結乾燥
  • 精製はPAGE, HPLC (リクエスト)
  • QC はMALDI-TOF/MS、HPLCまたはPAGE
  • PNA (ペプチド核酸)合成についてはこちら

アンチセンスオリゴ合成の参考料金

料金は為替の影響等で変動しますので、配列を添えてお気軽に見積もりをご用命ください。

Base(円) 100 nmol 250 nmol 1 umol 5 umol 10 umol
Chimeric DNA base (1塩基) 150 180 360 1,800 3,200
Phosphorothioate Bond (1か所) 900 900 3,600 5,400 5,400
2′-OMe (1塩基) 1,500 2,400 3,600 15,000 29,000
5-Methyl dC 9,000 11,000 16,000 16,000 65,000
RNase HPLC 24,000 24,000 32,000 44,000 44,000
Na+ salt exchange 10,000 10,000 10,000 27,000 27,000
PNA
(ペプチド核酸)
こちらのPNA合成のページをご覧ください。

A minimum will applied for oligo <10 bases. Yields and base price may vary depending on type of antisense synthesis.



アンチセンスオリゴのお問い合わせ・ご注文フォーム