mRNA受託合成サービス

料金等、記載の金額は全て参考につき、詳細はお気軽にお問い合わせください。

オリゴヌクレオチド合成トップページ 関連製品・サービス お問い合わせ・ご注文

目次

概 要 特 長 FAQ (ご注文方法)

カスタムmRNA合成サービス


mRNA合成の概要

化学合成のmRNA (>200 mer)の限界は、合成のボトルネックになっています。対照的に、数千塩基までのインビトロ転写によるテンプレート指向性mRNA合成は、非常に現実的な方法です。Bio-Synthesisによるin vitro転写によるプラスミドベースの鋳型からのカスタムmRNA合成を提供します。お客様から提供されたDNAテンプレートから生成することができます。または、一から提供することもできます。


mRNA合成の特長

  • 無料のコドン最適化サービス
  • 5’末端にT7プロモーターを含むデフォルトpUCベクターを用いたmRNAテンプレートの設計および合成。
  • 全長遺伝子のpUCベクターへのクローニングおよびシーケンシングの検証。
  • 配列が確認されたプラスミドの直線化
  • M7GまたはARCAキャッピングで修飾されたmRNA転写物および>150ntの3​​’ポリ (A)テイル
  • テンプレートDNAを除去するDNase処理。
  • ホスファターゼ処理による脱リン酸化。
  • 広範囲のmRNA合成スケールと修飾塩基。
  • 完全に追跡可能なISOコンプライアンス文書システム。

mRNA合成に関するFAQ・ご注文方法

    1. どのような種類のmRNAキャップを提供?
      • すべての標準mRNA転写物にmCAP (m7G(5′)ppp(5′)G)キャッピングを提供します。また、ARCA (anti-Reverse Cap Analogs: 3’O-Me-M7G(5′)ppp(5′)G)も選択肢としてご利用頂けます。ARCAは適切な方向にのみ挿入されますので、高い翻訳レベルにつながります。
    2. どの程度多くのAをポリアデニル化は追加しますか?
      • “template driven enzymatic methods”によるポリアデニル化を組み込んでおります。これらの方法は>150ntの長さのポリ(A)尾部を有するmRNAを産生し、翻訳効率を高めるためにしばしば使用されます。
    3. ホスファターゼ処理は?
      • はい、ホスファターゼ処理は、同社の標準mRNA転写手順の一部です。mRNAの三リン酸は、不完全なキャッピング手順によるものです。場合によっては、哺乳類細胞における自然免疫応答の可能性を減少させるために5′-三リン酸を除去することが必要となります。

見積もり・注文にあたり必要な項目は?

  • mRNA転写サービスをご注文の際には、mRNA配列、所望の5’および3′-UTR配列などの情報をご提供ください。また、s5-meC、シュードウリジン (ψ)などの修飾塩基の仕様を追加することもできます。mRNAプラスミドテンプレートをご提供頂く場合、5ugのプラスミドDNAと、以下のような情報を提供してください:
    • プロモーター
    • 線状化の酵素
    • 制限部位
    • ターゲット配列または長さ
    • 再クローニングの要否
    • プラスミド地図 (可能な場合)


mRNA合成のお問い合わせ・ご注文

当ウェブサイトは常時SSL化(HTTPS化)されております。お問い合わせ内容は暗号化され、より安全にご利用いただけます。
下記フォームからご送信されるか、あるいは biologicrr.iij4u.or.jp へメールでお送り頂いても結構です。


見積もりご注文








Non-modified RNABase modified RNAmRNABase modified mRNA


m7G CapARCA Cap5-MethylcylidinePseudouridine2-Thiouridineその他





For client supplied plasmid, please provide additional information such as:
Target sequence, promoter information, unique linearization site, type of capping needed, etc.





*お願い:1営業日以内に返信メールが届かない場合は、大変お手数ですがbiologicrr.iij4u.or.jpへ直接メールをお送りください。