細胞膜透過ペプチドなどの特殊ペプチド 既製品 (カタログ品)

弊社が販売する試薬は全て研究用です。為替変動等の影響により、ページ内に記載されている料金等の金額は全て参考につき、詳細はお気軽にお問い合わせください。
分子生物学試薬 ・ キットのトップページへ戻る
関連製品 ・ サービスへ進む
お問い合わせ ・ ご注文へ進む
注目最新情報:抗原、レセプターの特異的蛍光標識試薬 / ・ 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)関連製品

This service / product is supplied by Bio-Synthesis社ロゴ etc.

細胞透過性ペプチド(CPP)は短いペプチドで、ナノサイズの粒子から小さな化学化合物、DNAの大きな断片に至るまで、さまざまな分子の細胞への取り込みと吸収を促進します。”カーゴ”は、共有結合による化学的結合、あるいは非共有結合的相互作用によってペプチドと結合します。CPPはタンパク質導入ドメイン(PTD)としても知られております。CPPは細胞膜を貫通し、生物学的に活性な分子を細胞内に輸送することができます。

カスタム合成価格やキャンペーン、見積もりのご依頼はこちらのカスタムペプチド合成受託サービスのトップページからお気軽にお問い合わせください。

目次

流れるPEPTIDEの文字

薬物送達のための細胞貫通ペプチド – Bio-Synthesis社

細胞透過性ペプチド (CPP)は、細胞膜を自由に横断できる小さなペプチドドメインを持つ担体です。主にタンパク質や核酸の細胞内への輸送体として利用されています。続きはこちらのメーカーサイトをご覧ください。

Bio-Synthesis社CPP一例
Product Name Catalog # Unit
Aminopeptidase N Ligand (CD13) NGR peptide
CNGRCG (Disulfide bridge: 1-5)
10857-01 1 mg
Antennapedia Leader Peptide (CT)
KKWKMRRNQFWVKVQRG
10889-01 1 mg
Antennapedia Peptide acid
RQIKIWFQNRRMKWKK
10866-01 1 mg
Antennapedia Peptide, amide
RQIKIWFQNRRMKWKK-CONH2
10867-01 1 mg
Antennapedia Peptide FAM – labeled
5 – FAM – RQIKIWFQNRRMKWKK – NH2
14364-01 1 mg
Anti – BetaGamma (MPS – Phosducin – like protein C
AAVALLPAVLLALLAVTDQLGEDFFAVDLEAFLQEFGLLPEKE
10852-01 1 mg
Anti – BetaGamma (MPS – Phosducin – like protein C – 10852-005
AAVALLPAVLLALLAVTDQLGEDFFAVDLEAFLQEFGLLPEKE
10852-005 0.5 mg
(Arg)944 10869-01 1 mg
(Arg)9 FAM – labeled
FAM-RRRRRRRRR
10872-01 N/A
(Arg)9 TAMRA – labeled
TAMRA-RRRRRRRRR
10873-01 1 mg
Biotin – TAT (47 – 57)
Biotin-YGRKKRRQRRR
10874-01 1 mg
Buforin
TRSSRAGLQFPVGRVHRLLRK
10886-01 1 mg
これら以外にも製品がございますのでこちらよりご検索ください。

Creative Peptides社のCPP

生物学的に活性な分子の細胞への取り込みは、科学研究において重要な課題です。一方、細胞膜を越えて生物学的活性分子を細胞内に送り込むための細胞侵入ペプチド (CPP、Protein Transduction Domainsとも呼ばれる)の応用は、細胞生物学における重要なブレークスルーであり、この分野の研究は近年非常に注目されております。CPPの多くは40アミノ酸以下の比較的短いペプチドであり、エンドサイトーシスやエネルギー非依存的経路など、様々な方法で細胞内に侵入することができます。CPPは細胞侵入能力が高いため、小さな化学薬品やナノ粒子から大きなプラスミドDNAまで、共有結合または非共有結合の生物活性カーゴの細胞内デリバリーを助けることができます。続きはこちらのメーカーサイトをご覧ください。


Peptide cargo – Transporter™ peptide

Cambridge Research Biochemicals社 (現Biosynth社)の細胞膜透過ペプチド。目的分子を真核細胞内に搬送するトランススポートペプチドはペプチドカーゴとも呼びます。

商品リストはこちら。

Cambridge Research Biochemicals (CRB)は、医学研究や製薬業界のための研究用試薬(主にペプチドおよび抗体)のカスタム供給に特化したイギリスの会社であり、ペプチド-カーゴ(カーゴ:膜輸送で運ばれるタンパク質)を組み合わせた大規模な並列構築治療薬についての新規で特許性のある方法のライセンスを取得しました。同社は、新たな治療薬の提供と開発の一助となるペプチド-カーゴ複合体のカスタムメイドのライブラリーを研究者や製薬会社に提供するために、10月にサービスを開始しました。
この方法は、MRC分子生物学研究所(MRC-LMB)の科学者が細胞にカーゴ治療薬を運ぶことができる細胞透過性ペプチドの開発に取り組むことから始まりました。このようなペプチド運搬治療による効果を得ることができる病気の種類は、筋ジストロフィー、癌および代謝性疾患など広範囲に渡ります。こうした治療薬を開発するためには、治療のための薬剤カーゴの運搬に最適なペプチドを決定するために、ペプチド-カーゴの組み合わせの様々なテストが必要です。この新技術は、初期段階の薬物スクリーニングプロセスをより迅速にでき、化学の専門知識無しで、潜在的新規治療薬の運搬および開発に向けたペプチド-薬物複合体の大規模数な準備および試験を迅速にすることができます。

ケンブリッジ社のコマーシャルディレクターであるEmily Humphrysは、次のようにコメントをしています。「私たちは、学術研究者と産業界の双方に、薬剤運搬において最も適切な細胞透過性ペプチドを選択できる、待望のサービスを提供できることを本当に嬉しく思います。企業として、CRBは、広範なペプチド化学に関する能力を持ち、MRC-LMB とは1980年の会社設立から長年良好な関係を持っており、2010年からはペプチドおよび抗体の継続的な供給契約を結んでいます。このように協力しあえることは栄誉なことです。」

MRCの科学者であるMike Gait博士は、次のようにコメントをしています。「CRBは、私たちの新しい方法を取り入れており、最終的に新しい治療法の開発を可能としてくれる多くの研究者および産業にそれらが開かれることを非常に嬉しく思います。」

この方法は、MRCの技術をもってケンブリッジ社がライセンスを得ました。MRCの技術は、技術譲渡サービスとして提供しています。

Dr Mike Gait Group Leader, MRC-LMB) & Emily Humphrys (Commercial Director, CRB)

Transporter™ Peptides商品リスト

細胞生物学研究で主な困難の一つに真核細胞の膜を透過する検査分子の効果的な搬送があります。この限界を克服するためにCRBはトランスポーターペプチドとよばれる新たな領域の製品を紹介しました。それらは論文裏付けのある細胞透過性ペプチド (CPPs)、ペプチドをCargo (カーゴ)にカップリングするのを容易化するCys(Npys)を予備反応でつけたものです。
A library of cell-penetrating peptide (CPP)-cargo conjugates for rapid identification of optimal carriers is now available:

Cambridge Research Biochemicals社CPP一例
Product No. Peptide Qty (mg)
crb1000180h Cys(Npys)-Antennapedia peptide, amide
Cys(Npys)-RQIKIWFQNRRMKWKK-amide
A N-terminal Cys(Npys) cell-penetrating peptide, derived from the homeodomain of Antennapedia (Drosophila).
0.5
crb1000180j 1
SP-15-0031-01 H-Cys(Npys)-TAT 48-60 1
-05 5
SP-15-0032-01 H-Cys(Npys)-pVEC 615-632 1
-05 5
SP-15-0033-01 H-Cys(Npys)-Transportan 10 1
-05 5
crb1000425h S413-PV-[Cys(Npys)]
ALWKTLLKKVLKAPKKKRKVC(Npys)-amide
0.5
crb1000425j 1
SP-15-0035-01 H-Cys(Npys)-(Arg-Ahx-Arg)4-NH2 1
-05 5
CPP Kit Kit containing 1mg of each peptide 1 kit
これら以外にも製品がございますのでこちらよりご検索ください。


特殊カタログペプチドのお問い合わせ ・ ご注文

    ・当ウェブサイトは常時SSL化(HTTPS化)されております。お問い合わせ内容は暗号化され、より安全にご利用いただけます。
    ・下記フォームのご入力が面倒な方は、 sales@biologica.co.jp へメールでお送り頂いても結構です。


    見積もりご注文お問い合わせ


    他社を経由してのご購入をご希望の場合や、請求書等の宛名に特別な注意が必要な場合は最下部の特記事項欄にご記入ください。






    お願い:送信ができない場合や、自動返信メールが届かない場合は、大変お手数ですがsales@biologica.co.jpへ直接メールをお送りください。