合成ペプチド溶解の手引き

弊社が販売する試薬は全て研究用です。為替変動等の影響により、ページ内に記載されている料金等の金額は全て参考につき、詳細はお気軽にお問い合わせください。
各種受託合成トップページへ戻る
関連製品 ・ サービスへ進む
お問い合わせ ・ ご注文へ進む
注目最新情報:抗原、レセプターの特異的蛍光標識試薬 / ・ 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)関連製品

This service / product is supplied by GL Biochem社ロゴ, Bio-Synthesis社ロゴ, etc.

目次

溶液と分子模型

Introduction

合成ペプチドは、医薬研究、バイオテクノロジー、臨床診断など、様々な分野で重要なツールとなっています。合成ペプチドを正確かつ効率的に溶解することは、その利用において重要なステップです。しかし、ペプチドそれぞれが持つユニークな特性や劣化の可能性から、そのプロセスは困難である場合があります。この記事では、合成ペプチドを効果的に溶解し、その安定性と生物学的活性を維持する方法について、包括的なガイドを提供します。

Understanding Synthetic Peptides

合成ペプチドは、天然に存在するペプチドやタンパク質を模倣して人工的に作られたアミノ酸の鎖です。タンパク質と比較して、特異性、選択性、低コストなど多くの利点があります。しかし、その溶解特性は、アミノ酸配列、疎水性、側鎖の特性などによって大きく変化することがあります。

General Guidelines for Dissolving Synthetic Peptides

  1. 純度の評価:
    合成ペプチドの溶解を試みる前に、そのペプチドが高純度であることを確認する。不純物は溶解度や安定性に影響を与える可能性がある。高速液体クロマトグラフィー (HPLC)や質量分析計 (MS)など、適切な手法でペプチドを分析する。
  2. 溶媒を選択する:
    ペプチドの溶解には、適切な溶媒を選択することが重要です。一般的な溶媒には、水、有機溶媒 (例: ジメチルスルホキシド、DMSO)、緩衝液などがあります。溶媒を選択する際に考慮すべき要素は、ペプチドの溶解度、下流のアプリケーションとの適合性、および選択した溶媒中でのペプチドの安定性などです。
  3. 溶解度テスト:
    合成ペプチドに最適な溶媒を決定するために、溶解度テストを実施します。多くのペプチドが適度な溶解性を示すため、まず水への溶解を試みます。もし、水だけでは不十分な場合は、DMSOなどの有機溶媒や、水と有機溶媒の組み合わせで試してみます。場合によっては、特定のpHレベル緩衝液を使用すると、ペプチドの溶解度が向上する場合があります。
  4. ストック溶液の調製:
    適切な溶媒を特定したら、ペプチドのストック溶液を調製する。正確な天秤でペプチドを正確に計量し、選択した溶媒に、用途に適した濃度で溶解させます。穏やかに攪拌するか、ボルテックスすると溶解が促進されることがあります。ペプチドが完全に溶解したことを確認してから、次に進みます。
  5. 保管と取り扱い:
    合成ペプチド原液を適切な温度で保存し、必要に応じて遮光します。ペプチドによっては、低温保存やプロテアーゼ阻害剤の添加が必要な場合があります。製造元が提供する推奨保管条件や文献に従します。

Additional Tips

  • 高温、凍結融解の繰り返し、長時間の空気への暴露は、ペプチドの質を低下させるので避けてください。
  • 長期保存の場合、凍結融解の回数を少なくするために、ペプチドを少量ずつに分注します。

Conclusion

合成ペプチドを正しく溶解することは、その安定性、活性の保証や様々な研究分野への応用を成功させるために不可欠です。ペプチドの特性を理解し、溶解度テストを実施し、適切な溶媒を選択することで、高品質のペプチド溶液を得ることができ、下流の実験や応用を容易にすることができます。

より詳しい内容は

製品の納品後に資料をお送りしますのでお気軽にお申し付けください。



カスタムペプチド合成のお問い合わせ ・ ご注文フォーム

↑こちらをクリックすると新しいタブでフォームへご入力できます。

    ・当ウェブサイトは常時SSL化(HTTPS化)されております。お問い合わせ内容は暗号化され、より安全にご利用いただけます。
    ・下記フォームのご入力が面倒な方は、遠慮なく sales@biologica.co.jp へメールでお送りください。
    ・種類が多数にわたる場合等、Excelファイルをアップロードして頂くことも可能です。


    見積もりご注文








    こだわらないエコノミーハイスピード
    短納期(ハイスピード)は実績に基づきますが、あくまで目安でございます。サービスの性質上、確約は出来ませんことを予めご了承下さい。


    なし (Crude)>70%75%>80%>85%>90%>95%>98%
    ・見積もりの際は複数 (2つまで)をお選び頂いても結構です。
    ・ペプチドの純度について (選び方等)お悩みの方は参考までにこちら (メーカーサイト)をご覧ください。


    塩置換をご希望の方は「修飾」欄か「その他」欄にご記入ください。


    複数のパターンで見積もりをご希望の場合は最下部の「その他」欄にもご記載ください。



    お願い:送信ができない場合や、自動返信メールが届かない場合は、大変お手数ですがsales@biologica.co.jpへ直接メールをお送りください。


    Supplied by Bio-Synthesis or GL Biochem or CS Bio or Cambridge Research Biochemicals