モノクローナル抗体作製受託サービス | ファージディスプレイ

抗体作製受託サービストップページ 関連製品・サービス お問い合わせ

目次

トライアングルサービス サービス内容 参考価格 マウス以外も

Provided by

What is PHAGE DISPLAY?

モノクローナル抗体の作製とのトライアングルサービス


モノクローナル抗体の全一次構造解析は知的所有権の確固たる情報基盤になるだけでなく、抗体医薬品開発ではより小さな活性領域のフラグメントを修飾することで小さな抗体‐ドラッグ コンジュゲート (ADC)製造へと繋がります。


サービス内容

◆Recombinant IgG Production

ハイブリドーマプラットホームに因らないモノクローナル抗体作製

Creative Biolabs社は、ファージディスプレイ抗体ライブラリースクリーニングまたはマウス/ラットハイブリドーマ細胞系に由来する小さな遺伝子操作scFvまたはFabヒト/マウス抗体を、様々な機能 (ADCC、または非ADCC)のFcフラグメントを有する完全サイズの組換えヒトまたはマウスIgGへの変換に関するサービスを提供しております。同社は、哺乳動物細胞における組換えIgGの工業的規模の生産のためのプラットフォームを確立しております。

特に、頻繁に生産しておりますのは、[ヒトタンパク質を標的とする]組換えヒトIgG抗体のヒトでの挙動を模倣するために、[マウスタンパク質を標的とする]ファージディスプレイマウスscFv / Fabライブラリーから得られる最良の特異性がマッチする組換えマウスIgG抗体などです。

同社は、改変FRT / Flp-Inリコンビナーゼ系を用いて、ヒト化/組換えヒトIgGの安定した発現のためにCHO細胞においてヒトIgGを産生します。同じアプローチで組換えマウスIgGの安定した発現がなされます。同社は、転写活性のあるゲノム座に単一の安定して組み込まれたFRT部位を含むCHO細胞株をあらかじめ選択し、[様々な抗原を標的とする]組換えヒトIgGの高レベル発現体を産生することができることを証明しました。しかし、これらの予め選択された細胞株から開始しても、組換えヒト[マウス] IgGを費用対効果の高いレベル (例800mg / L)で発現することができる安定な細胞株を作製するためにはかなりの時間と労力が必要です。

生産終了段階で、組換え抗体は、3ステップの精製がされます (プロテインA / Gと2つの研磨ステップ、抗体モノマー>99%、エンドトキシンレベル≦0.5EU / mg抗体、ヒト用の抗体と同等であるプロテインA残量<10PPM)。ここでは、同社のプロセス技術については開示されません。また、安定細胞株の提供はありませんが、細胞株は、将来必要な場合に備えに無料で2年間保管されます。

  • Construction of chimeric antibody expression vectors
    ファージディスプレイ技術から得られた、またはマウス/ラットハイブリドーマ細胞株から増幅されたscFvまたはFab抗体の遺伝子は、ヒトまたはマウスのIgG軽鎖および重鎖の定常領域を含む本発明者らの独自の哺乳類発現ベクターにクローニングされます。
  • Transient transfection of CHO cells
    組換え抗体の発現を確認するために、CHOまたは293細胞を用いた一過性発現を行う。小規模の抗体産生において、一過性発現は安定発現と比較してより安価です。
  • Creating stable CHO cell lines
    安定にトランスフェクトされたCHO細胞株をスクリーニングして高発現体を選択します。産生細胞株は、バイオマニュファクチャリングのための無タンパク質培地に適合させます。同社の遺伝子操作されたCHO細胞は、非常に高い収率でCHO発現体の確立を可能にし、これは、フルサイズ組換えIgGの産生におけるコストを劇的に減少させます。同社はかつて4.5g / Lの収率で細胞株を獲得しました。

参考価格

抗原情報 (ペプチド配列、遺伝子)提供から抗体作製まで70日間

  • 1mgの抗体提供: 円
  • 追加注文1㎎当たり: 円
  • セットアップチャージ: 円

*お手数ですがこちらへお気軽にお問い合わせください。


マウス以外での作製

ラットのハイブリドーマ作製
Creative Biolabs社は、ラットにおいて高親和性モノクローナル抗体作製の独自プラットフォームを確立しました。一般的なマウス抗体と比較して、ラット抗体は、マウス動物モデル由来のマウス抗原のようなマウスのバックグラウンド外の抗原の免疫検出においてバックグラウンド交差反応の問題を有しません。

モノクローナル抗体作製 (ウサギ)
一般的に入手可能なウサギハイブリドーマ技術とは対照的に、Creative BioLabsは、ファージディスプレイ抗体ライブラリー技術における比類のない専門知識に基づく独自のウサギモノクローナル抗体生産プラットフォームを構築。

モノクローナル抗体作製 (ニワトリ)
モノクローナルニワトリIgY抗体分野でもリードしており、カスタムモノクローナルIgY抗体生産サービスを提供します。ニワトリIgY抗体は、哺乳類IgG抗体の鳥類における同等物です。哺乳類IgG抗体と比較して、ニワトリIgY抗体は、より高いアビディティ、より少ない交差反応性とより高い特異性を有し、検査用と診断アッセイにおいてニワトリIgY抗体をより価値のあるものにします。

モノクローナル抗体作製 Monkey (NHP)はこちら。
モノクローナル抗体作製 Canine (Dog)はこちら。


お問い合わせ・ご注文