抗イディオタイプ抗体作製サービス

抗体作製受託サービストップページ 関連製品・サービス お問い合わせ・ご注文

目次

概 要

Provided by Creative Biolabs社

Anti-idiotype Antibody Production Services

Creative Biolabs社による、モノクローナル抗体医薬品の開発等をサポートするカスタム抗イディオタイプ抗体 (anti-ID Abs)作製と下流アッセイサービスを提供します。同社はウサギ、ニワトリ、ラマ、ラクダ、アルパカ、ウシ、イヌ、マウス、ラット、ヒツジおよびヒトを含む様々な種からの高特異性・親和性のモノクローナル抗体を開発する専門化集団です。マウスやラットのハイブリドーマの製造に加え、ハイブリドーマ技術を利用できない種からモノクローナル抗体を作製する最良の方法であるファージディスプレイ免疫抗体ライブラリーの構築とスクリーニング法を有します。カスタム抗イディオタイプ抗体作製サービスとお客様のニーズに合わせた製品を提供します。

Anti-idiotype Antibody Production Services

Figure 1. 抗体のイディオトープ – 抗体の可変領域の抗原決定基の特異なセット。
イディオタイプは、特異な抗原結合部位を含む抗体の可変部分を表し、イディオタイプ内のエピトープの組み合わせ (すなわち、イディオトープ)は、各抗体に固有です (Figure 1.)。1つの抗体が別の抗体の1つのイディオトープに結合するそれが抗イディオタイプ抗体 (anti-ID)と呼ばれます。これらの高度に特殊化された抗イディオタイプ抗体は、患者検体中の薬物レベルを測定するためのPKアッセイや、任意の免疫応答 (IR)アッセイにおける陽性対照または参照標準として使用することができます (Figure 2.)。

Anti-idiotype Antibody Production Services

Figure 2. 画像は、青色・緑色の抗ID完全免疫グロブリン、赤色の薬物標的、紫色の薬物、灰色の抗Fc抗体、黄色のHRPを示します。(A)PKアッセイフォーマット1:抗原捕捉アッセイ; (B)PKアッセイフォーマット2:複合体特異的抗体を用いた抗原捕捉アッセイ; (C)PKアッセイフォーマット3:抗イディオタイプ抗体架橋アッセイ; (D)PKアッセイフォーマット4:抗イディオタイプ抗体-抗原架橋アッセイ; (E)IRアッセイ:抗イディオタイプ抗体架橋アッセイ。

Anti-idiotype Antibody Production Services

Figure 3. Four types of anti-idiotypic antibodies.

Type 1. FREE抗体を検出する抗イディオタイプ抗体 (パラトープ特異性、阻害性、中和性、遊離薬物を検出する)
Type 2. TOTAL抗体を検出する抗イディオタイプ抗体 (パラトープ特異的ではなく、阻害的ではなく、全薬物を検出する)
Type 3. BOUND抗体を検出する薬物-標的複合体特異的抗体 (阻害剤ではなく、結合した薬物のみを検出する)
Type 4. T細胞受容体を検出する抗イディオタイプ抗体

Applications:

  • Antibody drug pharmacokinetic/pharmacodynamics (PK/PD) studies: the anti-ID capture Sandwich ELISA and anti-ID antibody bridging
  • Antibody drug immunogenicity (immune response, IR) studies
  • Preclinical research of therapeutic antibodies
  • Anti-drug antibodies (ADA) for clinical development
  • Controls in ligand binding neutralizing assays
  • Controls in antibody blocking assays

Three approaches in developing anti-idiotypic antibodies:

  • 免疫ファージディスプレイライブラリー技術:
    全IgG、scFv、FabまたはF(ab’)2の形態、または可変ドメインの配列に従って設計されたペプチドの形態の標的抗体を用いて動物を免疫化します。単離した免疫した抗体ライブラリーをファージライブラリーにパッケージングし、次いでanti-ID抗体を3〜4サイクルのバイオパニングにより生成。10-10Mの親和性を有するscFv/Fab抗体を得られます。In vitro選択は、標的抗体の他の領域に結合する抗体の濃縮を避けるために、アイソタイプ適合コントロール抗体をブロッカーとして使用することを可能にします。
  • 既製非免疫化ヒトファージディスプレイライブラリー技術:
    免疫不在下でのファージディスプレイ技術は、in vitro選択が標的抗体の正確にフォールディングされたコンフォメーションを十分に維持するため、抗イディオタイプ抗体を標的とするコンフォメーションエピトープに完全に適合。
  • ハイブリドーマ技術:
    scFv/Fab形態の標的抗体は、カウンターセレクションのためのアイソタイプ適合コントロール抗体の存在下で、ラットまたはマウスを免疫化するために利用される。

Guarantees:

  • Fast turnaround time: 8 weeks
  • More than 98% success rate
  • High specificity and binding affinity
  • Convert to full length immunoglobulin as required isotype
  • Long-term, secure supply from preclinical research through to clinical testing
  • Readily integrated downstream antibody drug PK/PD and immunogenicity assay development

同社は以下のリストを含めさまざまなカスタム抗イディオタイプ抗体産生サービスを提供します。

Anti-idiotypic Antibody Production Service Detecting FREE Antibodies Anti-idiotypic Antibody Production Service Detecting TOTAL Antibodies
Anti-idiotypic Antibody Production Service Detecting BOUND Antibodies Anti-idiotypic Antibody Production Service Detecting T Cell Receptors
Camel Anti-idiotypic Antibody (Single Domain Antibody) Production Service Murine Anti-idiotypic Antibody Production Service
Rabbit Anti-idiotypic Antibody Production Service Chicken Anti-idiotypic Antibody Production Service

Reference
Turner, A. (2014) ‘Anti-Idiotypic Antibodies to Monitor Immune Responses’, Genetic Engineering & Biotechnology News, 34(17).


下記リンク先はメーカーページです。

Services:
Native™ Antibody Discovery Services
Murine Hybridoma Production
Antibody Characterization
Antibody Stability Improvement
Internalization Antibody Screening
Premade Phage Display Antibody Library Screening Service
Premade Phage Display Peptide Library Screening Service
Product:
Premade Phage Display Antibody Libraries
Platforms:
Hybridoma Platform


お問い合わせ・ご注文フォーム