翻訳後修飾 特異抗体探索のカスタム抗体サービス

抗体作製受託サービストップページ 関連製品・サービス お問い合わせ・ご注文

目次

概 要

Custom Antibody Services Provided by Creative Biolabs社

Post-translational Modification (PTM) Specific Antibody Discovery

Custom Antibody Services for Post-translational Modification Specific Antibody ←Fig. 1 The major types of post-translational modifications (Jensen O. N. 2006)

多くの細胞活動は、翻訳後修飾によって制御されますが、その研究は、その普遍的で非免疫原性の性質による特定の試薬がないことで妨げられます。Creative Biolabs社はタンパク質の翻訳後修飾 (PTM)に特異的な抗体検出サービスを提供するためのHigh-Affi™なる技術を開発。

翻訳後修飾は、リボソームによる翻訳が完了した後、酵素によって触媒されるタンパク質に起こる修飾です。具体的には翻訳後修飾は、リン酸化やグリコシル化におけるようにタンパク質に共有結合的に官能基を付加することを意味します。タンパク質の翻訳後修飾は、細胞分化、タンパク質分解、シグナリングおよび調節プロセス、遺伝子発現の調節、およびタンパク質間相互作用などの多くの細胞プロセスにおいて重要な役割を果たします。これらの修飾は、通常の細胞生物学および病原性のほとんどすべての局面に影響を及ぼします。したがって、このPTMの同定と解明は、細胞生物学および疾患の予防および治療の両方の研究において重要です。

同社はファージディスプレイ法により翻訳後修飾特異的抗体発見をサポートしています。
次のようなさまざまな翻訳後修飾に特異的な抗体検出サービスを提供します。

Anti-Phosphorylation Anti-Ubiquitination Anti-S-Glutathionylation Anti-Prenylation
Anti-Acetylation Anti-Sumoylation Anti-S-Nitrosylation Anti-Citrullination
Anti-Glycosylation Anti-ISGylation Anti-Tyrosine sulfation Anti-Tyrosine nitration
Anti-Methylation Anti-Neddylation Anti-Polyglutamylation Anti-Carbamylation
Anti-Succinylation Anti-Pupylation Anti-Polyglycylation Anti-Arginylation
Anti-ADP-ribosylation Anti-Adenylylation Anti-Uridylylation Anti-Formylation
Anti-Propionylation Anti-Butyrylation Anti-Malonylation Anti-Glutarylation
Anti-2-hydroxyisobutyrylation Anti-β-hydroxybutyrylation Anti-Crotonylation Anti-Fatty Acylation (N-Myristoylation, Palmitoylation)
Anti-Carboxylation Anti-Diphthamide Anti-Phosphocholination Anti-Tyrosination
Other PTM…

Phage display platform for post-translational modification specific antibody discovery

同社は、ファージディスプレイペプチド、cDNA、scFv/Fabライブラリーのスクリーニングに豊富な経験を持っています。特に、4サイクルのライブラリースクリーニングを行うことによって、通常10-10Mの親和性のscFv/Fab抗体を得られます。

ハイブリドーマ法と比較して、ファージディスプレイ法はより大きな利点を有します。ハイブリドーマベースのモノクローナル抗体作製は、一度に特定の免疫原に対して少数のバインダーしか産生することができませんが、ファージディスプレイ法は、抗体のほぼ10%が免疫原に特異的である、免疫動物の全レパートリー (例: 1010)を提示することができます。潜在的なバインダーによるこのような巨大なプールにより、翻訳後修飾特異的抗体を探索するためにはファージディスプレイ法を使用する方がはるかに優れています。さらに、ハイブリドーマ法を使用することによってでは、所望の機能性を持つ抗体を選択的に単離できる段階を組み込むことは困難です。ほとんどの場合、すべてのハイブリドーマクローンが最初に産生され、その後1つ1つ確認されます。対照的に、ファージディスプレイ法は種々の濃縮過程を可能にし、翻訳後修飾特異的抗体を濃縮することができ、したがって所望の機能をもたない抗体はその後の検証から除外することができます。例えば、抗体ライブラリースクリーニングは、強力なバインダーを捕捉するためにPTM修飾標的を用いて行われ、未修飾の対照を用いて交差反応性バインダーをブロック/枯渇させることができます。特に、バイオパニングは、免疫動物からの最も高い親和性の抗体の単離を可能にします。

Reference
Jensen O N. (2006) “Interpreting the protein language using proteomics”. Nat Rev Mol Cell Biol, 7(6): 391-403.


下記リンク先はメーカーページです。

Services:
Antibody Characterization
Antibody Humanization
Antibody Stability Improvement
Human or Humanized Single Domain Antibody Production Services


お問い合わせ・ご注文フォーム